読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JSONを扱うときにkeyとfieldを対応づける

Goの、encoding/jsonUnmarshal で、例えばJSONデータのkeyが小文字の場合、自動でcapitalizeしてくれる。

pakcage main

import(
  "encoding/json"
)

type A struct {
  A_Id int
  Field string
}

func main() {
  jsonBlob := []byte(`
    {"a_id": 100, "field": "field"}
  `)
  var a A
  json.Unmarshal(jsonBlob, &a)
  fmt.Printf("%+v\n", a)
}

ここで、JSONの要素にsnake_caseなa_idがkeyになっている。 Goが変数や、構造体のフィールド名はCamelCaseを推奨しているので、CamelCaseなフィールド名にしたい。

type A struct {
  AId int
  Field string
}

Goのドキュメントを読んでいると、

type A struct {
  AId int `json:"a_id"`
  Field string `json:"field"`
}

と書いておくと、UnmarshalしたときにKeyに紐づくフィールドを認識してくれることを知る。 文法として、Goのstructはフィールドにtag(型はstring)を付与でき、この情報はreflectで取得できる

func main() {
  a := A{}
  t := reflect.TypeOf(a)
  field := t.Field(0)
  fmt.Println(field.Tag.Get("json")) //=> a_id
}

便利。